窓を多めに作る構造にしたところ、冬とても寒い状態になっています。

各部屋からの眺めを良くし、開放感のあるお部屋で構成された家を作りたい、風通しがよく、いつでも快適な部屋を作りたいと思い、建築家の方と相談した時よりも窓数を約1.5倍ほど多く提示して設計してもらい、施工してもらいました。

その結果、たしかに各部屋から外を眺める事は出来ますが、近くに新たな建物が建ってしまい、想定していたよりも眺めや日当たりについては悪くなってきてしまいました。

風通しは確かに良いというところではありますが、冬は風の抜けが多くとても寒くなってしまいました。ここが一番の失敗点だと思います。

建築家の方は今まで多くの物件を手掛けてきており、自分が想像している以上に現実的に物事を考えた結果で窓数等も提案してくださっていたと思うので、自分たちの要望のみを通すのではなく、窓数の根拠もしっかりと質問をした上で納得し、建築家の方を信頼して設計自体もある程度お任せできたら良かったのだろうと思います。

当時も話を真剣に聞いてはいましたが、どうせ分からないだろうと話半分に聞いてしまっていた部分もあるため、質問をしてみようという意識も持った上で話を聞き、現実的に利便性や暮らしの質を考えて意見を発信して建てられたら失敗はしなかったと思います。

引用:注文住宅 神奈川区